忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日を生きてく強さ ~字書きの為の50音のお題~

2005年8月4日 サイト初掲載

息をする・・・

目で見る・・・

音を聴く・・・

歩く・・・

意識しないで自分の身体を思う侭に動かせることが、こんなにも凄いことだと・・・。
生きているということが、こんなにも素晴らしいことなんだと・・・

僕に教えてくれたのはテレサ、君ひとりだけだった。


・・・僕は生きている。

生かされているんではなくて、僕は生きているんだ。

僕は僕の意思で自分の道を選ぶ。

生きる上での選択肢が限られていることだって分かっている。

そんなことは承知の上で、僕はこれからもテレサを愛し続けると決めたんだ。


他人からどう思われようと、どう言われようと

テレサと愛し合った事実は僕の胸の中で決して消えることはない。

ましてや想い出に変わることも決して有り得ない。

僕の身体の中で、テレサは今もずっと生き続けているのだから。

それを分かるのは、テレサの生命を受け継いだ僕一人だけだから。


テレサを想い続けることは決して痛みや哀しみではなくて

僕の、僕自身の生きる力の支えであると他人に分かるはずもない。分かってもらうつもりもない。

心配してくれるのは痛いほど分かってる。

僕自身のことで心配を掛けてしまっていることも忘れちゃいない。

申し訳ない気持ちで堪らなくなる。

・・・だけどこれだけは分かってほしいんだ。

僕に心配している気持ちを押し付けるのは、結局は自己満足にしか過ぎないって事を。

僕を心配している気持ちを表すことで、自分自身を納得させて満足しているだけなんだって事を。

自分の幸せに胡坐をかいたままで、他人に幸せになるよう働き掛けるのは

善意の裏に隠れた、無意識の暴力だってことに気付いて欲しい。

お節介はいらない。世話焼きもして欲しくない。

テレサと僕との間で確かに存在している「愛」に、これ以上口を挟まないでほしいんだ。


テレサを失った気持ちは僕にしか分からない。

テレサを失った痛みは、テレサと愛し合った僕にしか分からない。

テレサの命の重みを誰よりも知っているのは僕だけなんだ。僕ひとり・・・だけなんだ。

だから・・・だから僕はテレサを愛し続ける。

他人にどう想われようと、僕自身の心からの想いでテレサをこれからもずっと愛し続ける。


テレサ一人をこれからもずっと愛し続けることを、『今日を生きてく強さ』に変えて・・・

僕は明日へと続く第一歩を力強く踏み出していく・・・!

PR

Copyright © 駄文書き連ねて早幾年 : All rights reserved

「駄文書き連ねて早幾年」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]