忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

晩秋の森で

2005年11月9日サイト初掲載作品

立ちはだかる壁を思わせる、真っ白な霧の包囲網に行く手を阻まれて・・・
次第に身動きが取れなくなる。
圧倒的な威圧感を漂わせながら晩秋の森に君臨する『沈黙』は、微かな音さえ発する事を赦さない。
二歩、三歩と後ずさりする時に踏んだ、枯れ木の乾いた音は瞬く間に『沈黙』の懐の中に呑み込まれ、跡形も無く消え去るのみ。
音を発したことさえ即座に抹消してしまうほどの強大な沈黙は、今現在ここにいる自分の存在さえも、すぐに消し去ってしまう威力をちらつかせつつ、徐々に逃げ場を失わせていく。

どこに行っても白い霧の壁が付き纏い・・・
どこへ逃げても容赦なく襲い掛かってくる沈黙に・・・

抵抗する術さえ放棄し、悲鳴を上げる事すら出来ず・・・
『絶望』という言葉が頭の中を過ぎった瞬間・・・

・・・奇跡は起きた。

「ひとりで全てを抱え込もうとしたら、君自身が潰れてしまう」

穏やかな声と共に背後からそっと掛けられた、暖かな深緑のストールが私の身をすっぽりと包み込む。
纏わりつく白い霧は、貴方の優しい声が響き渡った瞬間から空中で緩々と溶け落ちて、足元を被い尽す枯葉の上に透明な亡骸を晒した。

僅かに綻んだ沈黙の穴から零れ落ちていく音の欠片は、確かな響きを私に齎し始める。
貴方の声が導いて、私が貴方と共に目指す道の在処を指し示すように。

「行く手を阻まれているのなら、無闇に動かないことだ。動く分だけ君が傷ついてしまうから」
「・・・島さん!」

私の心にジワジワと染み透っていく、貴方から伝わってくる無垢な言葉の欠片達。

「一緒にいるよ、霧が晴れても。・・・ひとりよりもふたりなら、多少は心強い・・・はずだよね?」

溢れ出す涙を貴方に見せないように、ストールの中に顔を埋めたまま咽び泣く私に・・・
貴方は肩にそっと手を掛けて、静かに言葉を紡ぎだすのだった。

「・・・いつか必ず、霧は晴れる。どれだけ時間が掛かってもいつかは必ず晴れる!・・・だからそれまで君が迷わないように、傷つかないように・・・僕はずっと君の傍にいるから」

PR

Copyright © 駄文書き連ねて早幾年 : All rights reserved

「駄文書き連ねて早幾年」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]